求められる資質 | 子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方

子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方

授業

求められる資質

幼稚園教諭や小学校教諭といった仕事は、子どもの成長の上で最も大切とされる期間の教育を担う、責任ある仕事です。
その為、国家試験や大学、短期大学などの特別な専修科目を必ず履修する必要があります。
一般的な企業のように、自分の業績などが目に見えてわかるわけではありませんが、子どもの成長という形で教育の成果を実感できるというやりがいがあります。
少子化の影響もあり、採用数が減少しているという傾向も言われていますが、規模する人も多い職業です。
なぜなら、現代は女性が結婚して子どもが出来た後も働く共働き世代が一般的になっているので、働いている間、子どもの世話を、教育的な指導をするという目的が幼稚園にはあるからです。
職場付属の幼稚園や、大学内に幼稚園があるといったパターンも多くなっています。
このように、ニーズの高い職業である故に、幼稚園教諭などの仕事に就く人材には様々な事が求められます。

幼稚園教諭として求められる事としてまず、子どもが好きという点が挙げられます。
好きとい気持ちは何より大切です。
毎日子どもの接する中で、時には楽しい事ばかりでなく、困難なトラブルや問題が出てきます。
子どもを好きだという気持ちがある事で乗り越える事の出来る場合も多いです。

体力は幼稚園教諭にとって、とても必要な事です。
大学や短大で学ぶ時にも、必ず自分の健康管理をしっかりと果たすように、という事は言われています。
基本的な事ですが、子ども相手に毎日駆けまわる必要があり、体調管理は他の職業より気を使う必要があります。

Copyright© 2015 子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方 All Rights Reserved.