幼稚園教諭になるには | 子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方

子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方

授業

幼稚園教諭になるには

教養科目

幼稚園教諭になる為には、専門学校や短大、また大学や大学院で必修科目を履修する事が求められます。
大学や大学院といった教育機関と、専門学校などで取得できる免許は専修免許や一級、二級と異なりますが、基本的にはどの免許を取っていても同じく幼稚園教諭として働く事が可能であり、内容的な問題はありません。
様々な内容があり、ダンスや音楽といった科目から、情報基礎、健康科学といった専門的な学問分野など多岐にわたって学んでいきます。

専門科目

教養科目では、保育や教育といった幼稚園教諭としての本質的な部分と言うよりは、業務を取り巻く総合的な分野を学びます。
大学や専門学校など、それぞれの教育機関で内容は異なりますが、例えば英語や文化人類学、情報基礎といった分野から学習していくコースもあります。
全く幼稚園教諭としては無関係という訳でもなく、英語などは日本人以外の子どもやその家族とコミュニケーションを取る上で必要になる場合もあります。
また情報基礎などはパソコンの操作について学ぶものです。
今や保育園や幼稚園といった現場でも、パソコンは必須のツールです。
保護者へのお便りや、幼稚園のお便りといったものは、今ではほとんどがパソコンで行われています。

実習

専門科目では、保育的な音楽、体育といったものから、子どもの教育という面で必要な教育心理学や発達心理学といった分野を学びます。

実習では実際に幼稚園で教育してきた知識やスキルを用いて行われます。
理解した内容を現場で生かす事で実践的な学びが実現します。

Copyright© 2015 子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方 All Rights Reserved.