離婚問題に強い弁護士に依頼を!確実に解決できる

離婚したい!と思ったら弁護士に相談しよう

離婚問題は解決しにくい

愛し合って結婚したにも関わらず離婚する夫婦も多くいます。最近の日本は、離婚率がとても高いともいわれています。また、円満に離婚できた夫婦もいれば、両者の意見が合わずになかなか離婚できない夫婦もいます。そういったときは、弁護士を挟んで離婚問題を解決するしかありません。

離婚問題を弁護士に依頼するメリットベスト5

複数の人
no.1

法律で定められた方法で離婚できる

弁護士を挟んで離婚問題を解決することは、法律に定められた方法なのでトラブルが起きることが少ないです。また、慰謝料請求も正当な金額を請求できるようになり、支払われなかった場合の処置なども定められるので更なるトラブルを起こしにくくできます。

no.2

相手と話し合わなくていい

夫婦によっては、相手の顔を見たくないということもあるでしょう。こんな時は弁護士を利用すると良いです。弁護士を挟んで話すことになるので顔を合わせずに離婚の話し合いを続けられるようになります。話し合いは、両者が顔を合わせないように配慮してくれるのでストレスなく進めていけます。

no.3

親権も正当に考えられる

子どもがいる夫婦が離婚する場合、親権で揉めることがあります。そういったときは、弁護士を挟んで行なったほうが親権問題を解決しやすくなります。もちろん、子どもの意見も大事なので、子どもの気持ちを考えた上で話し合いを進めていくでしょう。

no.4

離婚の決定的証拠が掴める

相手の不貞行為で離婚する場合は、決定的な証拠を掴むことが必要になってきます。これは、弁護士が調べられる範囲になりますが、有効な証拠が出てきやすいので、慰謝料請求などにも有利になります。不貞行為を認めさせることができたら、ほぼ100%で慰謝料請求を行なえるといってもよいでしょう。

no.5

不貞行為の相手にも請求

旦那または妻の不貞行為の相手にも、慰謝料請求することができます。この場合は、正当な金額を弁護士と決めて請求できるので、相手が分かっているのなら伝えておいたほうがよいでしょう。不貞行為の相手にも、非があるので請求が認められます。

離婚問題に強い弁護士に依頼を!確実に解決できる

ハート

精神的な苦痛がある

夫婦で話し合って離婚するといっても、相手がなかなか了承してくれないとなれば精神的な苦痛を感じるでしょう。また、生活にも支障が出るので自立した生活を送れなくなる場合もあります。ですから、早めに離婚で揉めそうだと感じたら弁護士に相談するようにしましょう。弁護士に相談すれば、精神的にも落ち着く可能性が高いです。

離婚届

ある程度の証拠は用意する

相手の不貞行為やDVなどが原因で離婚するのなら、弁護士に相談する前に証拠を集めておきましょう。不貞行為の証拠ならメールなどの履歴でも大丈夫です。DVなら暴力を受けた場所の写真や医師の診断書を持っていきましょう。こういった証拠を持って行くことで、弁護士も準備しやすくなり、不利にならないように持っていけるように環境が整いやすくなります。

夫婦

慰謝料請求のときは

慰謝料請求するときは、相手側の収入も考慮して金額を決めないと請求できない可能性があります。旦那または妻に請求するのなら、毎月の収入や貯金額に応じて請求することになります。もし仕事を行なっていなかった場合は、相手側の両親に請求することができます。しかし、場合によっては拒否されるので慎重に動くためにも弁護士の力を借りたほうがよいでしょう。

離婚問題を自分達で解決しようとすると大変なこと

時間と労力がかかることがあり精神的につらい

円満離婚できれば別ですが、相手が了承しない場合だと離婚を説得するための時間と労力がかかります。そうなると、早く別れたいのにという焦りやストレスなどで精神的につらくなります。弁護士に依頼すれば、相手を関わらずに離婚できるので精神的にも楽です。

周りの人を巻き込む可能性がある

本人同士の話し合いで離婚する場合、周りの人達を巻き込む可能性があります。そうなると、状況によっては最終的に誰も助けてくれないこともあるでしょう。ですから、弁護士に依頼して話し合いを進めたほうがスムーズといえます。

広告募集中