幼稚園教諭とは | 子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方

子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方

授業

幼稚園教諭とは

幼稚園教諭という仕事は、子どもを預かる福祉施設としての要素の強い保育園と、教育的要素の強い小学校の間にある、大切な時期に子どもの教育と発達を担う教育機関です。
子どもと、体操などの運動、日常的な鬼ごっこやままごとといった遊びの中や歌を歌ったりするカリキュラムの中でも、教育的な目的を持ち子どもの精神的、身体的発達を担う部分があります。
保育園のようにクラスや一日の流れや年間のスケジュールがあります。

幼稚園教諭の免許を持っているだけでは、幼稚園教諭とは言えず、一般企業のように就職する必要があります。
公立の幼稚園教諭に勤める為には各市町村の採用試験を受ける必要があります。
また、幼稚園の中には私立の幼稚園もあります。
私立の幼稚園に勤める場合は、採用試験を受験し、筆記テストや面接、音楽などの実技試験を経て適任だと認められると採用になります。
また、幼稚園教諭の免許は、幼稚園以外でも需要があります。
小学校受験などを目的として塾や、リトミック教室などでも活躍する幼稚園教諭がいます。

幼稚園教諭になる為の一般的な方法は、大学や短大を卒業して免許を習得するといった方法が主流です。
免許にも3つの種類があります。
大学院を卒業して際に取得できる専修免許、また大学を卒業して得られる一種免許、短期大学や専門学校を卒業した場合の2種免許です。
これらの3種類の免許は給与などの待遇面で差がある事もありますが、業務上で可能な業務範囲が限られてくるという事はありません。

Copyright© 2015 子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方 All Rights Reserved.