保育士から幼稚園教諭 | 子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方

子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方

授業

保育士から幼稚園教諭

幼稚園教諭になる為の基本的な方法としては、大学や専門学校などの特定の学科を卒業する事です。
しかし現在、時限措置として保育士登録をしている人が、大学などで必要とされる単位を履修する事で幼稚園教諭免許を取得できるシステムがあります。
必要な単位の履修だけでなく、手続きや実務経験などが必要です。

保育士として資格を持つ人が大学で単位を取る事で幼稚園免許の取得が可能となった理由には、幼保連携認定こども園の創設が大きく挙げられます。
幼保連携認定こども園とは、今まで保育園と幼稚園という分かれた保育教育期間がひとつに統合された幼保連携認定こども園が出来る事になった為の暫定措置です。
幼保連携認定こども園は学校教育と保育を一体的に提供する施設として運営します。
その為、子ども達に教育を施す教諭については、幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方を持つことが必須とされています。
しばらくの間は幼稚園教諭免許状、または保育士免許のどちらかを持っていれば問題無いとしていますが、将来的にはやはり両方共持っている人を教諭として認めるという措置になっています。

3年間の実務経験と、大学における一定の単位の履修が必要とされますが、従来は最低でも2年間は教育機関で学問を納める事が必須であった幼稚園教諭の資格が、短期間で取れるという事で、多くの保育士がこの制度を利用しています。
中には、保育士として働きながら、通信教育や、有休を利用してのスクーリングで単位を取得する保育士もいます。

Copyright© 2015 子どもが好き、教育や保育を志す人の仕事の選び方 All Rights Reserved.