時効の援用とは何?どうして借金の負担が減るのか?

お金のことで悩んでいるのなら・・・

世の中には、お金のことで悩んでいる人が多くいます。そういった人の中には、最悪借金が返せない状態になる方もいます。また、人によっては自分が借りたものではないけど、連帯保証人になったり、相続で借金を抱えてしまったりという方もいるでしょう。そうなれば、なぜ返さなければいけないのかと思いますよね。そこで活用してもらいたいのが、「時効の援用」になります。

弁護士に依頼するメリットを知っておこう

  • 日本の法律を熟知しているので、一般人が分からないことでも法律で解決できる。
  • 依頼者ために行動してくれるので、裁判を起こしても勝てる方向で考えてくれる。
  • 時間がかかっても解決してくれようと努力してくれる。
  • 相手側が不利になるような証拠探しも行なってくれる。
  • 今まで知らなかった事実を法律によって見つけてくれる。
  • 依頼者側の意見も聞きながら、相手の話も聞くので中立的な立場でも対応してくれる。
  • 裁判で不利になるような発言はしない。
  • 証拠がない場合でも、徹底的に調べてくれる。
  • 不安な点や疑問に思ったことの質問には全て答えてくれる。
  • 解決できるように動いてくれるので安心して任せられる。

[PR]
税理士が多数在籍
経理業務をプロに任せよう

請求がなければ時効の援用が使える!ただし気を付けることもある

ジャッジガベル

時効の援用とは?

時効の援用は、あまり知られていないかもしれません。これは自分にとって不利になる借金や何年も請求がなかった借金を消して返済しなくてもよくなる制度になります。例えば、10年間何の請求もなかったのにいきなり10年後に請求がきたとしても、時効の援用制度が使えるので、請求側に時効だと訴えることができます。そうすれば、借金を返済する必要がありません。

人形

主張するのは本人

時効の援用は、弁護士に相談して行なうとスムーズです。しかし、実際に時効の援用を相手側にするのは本人の主張になるので、内容証明などの準備は自分で行なわなければいけません。内容証明を送ってから相手側から何か言ってきた場合は、弁護士に任せることができます。ただし、時効の援用は借金の状態によって使えないこともあるので弁護士に相談してから行なうことをおすすめします。

複数の人

相続にもおすすめ

相続には、自分にとって不利になる内容のものがあります。それは、故人の借金を相続することです。相続する側からすれば、借金なんて受けつぎたくないでしょう。そのため、相続するときに拒否することもできます。また、知らずに相続してしまった場合、相続人に借金の取り立てが来ることもあります。そういったときに時効の援用の制度を使える可能性があります。

弁護士バッジ

不利になる借金は返さない

自分が借りた借金となれば返さないといけません。しかし、連帯保証人になっていたけど何年も請求がなかった、故人の借金の取り立てがきたとなれば、時効の援用を使える可能性があります。自分にとって不利になる借金は、返さなくてもよくなるので少しでも不利と感じたら弁護士にまず相談しましょう。もし、時効の援用が使えなくても他の方法で解決できる可能性もあります。

慰謝料請求を進めよう

[PR]
横浜で過払い金の請求
プロがすぐにトラブルを解決してくれる

お金に困っている時に便利!弁護士に相談したほうがいい理由

握手

過払い金請求ができる

長年借金を返済し続けているのなら、過払い金請求を行なえる可能性があります。過払い金が成立すれば、借金の負担が減ったり、自分の元にお金が戻ってきたりするのでお金による負担が少なくなります。

任意整理で負担が減る

過払い金請求ができなくても任意整理を行なうことができます。これまで支払ってきた利息によって利息の請求がされなくなり、元金のみを返済していくことができるのです。そうなると、完済の目途がつくので心にゆとりができるようになります。

破産手続きもお願いできる

莫大な借金を抱えているけど返済ができないとなれば、破産することができます。破産手続きも弁護士に相談すると行なえるようになります。ただし、破産した場合自分へのリスクもあるので理解した上で依頼することをおすすめします。

裁判で不利にならない

もし、裁判を起こされてもこちら側に正当な理由があれば、裁判で不利にならないように動いてくれます。また、相手側の出方によってはこちらが優勢となって裁判費用などを請求できる可能性があります。弁護士と相談しながら、裁判に挑むとよいでしょう。

正当に解決できるようになる

弁護士にお金に関する悩みごとを行なえば、正当に解決できるようにしてくれるので今後の生活に支障が出ることがありません。また、正当な判決によって決められることから、相手側から不当な請求を行なえないようにもできます。

[PR]
名古屋で弁護士事務所を利用しよう
生活のトラブルをスピード解決☆

[PR]
過払いなら大阪がオススメ
専門がすぐに対応してくれる

https://rikon.authense.jp/

[PR]
大阪で税理士に相談
悩みを親身に聞いてくれる

広告募集中